HISTORY
rigo.siro.png
jpn.png
ENG.png

初代の山田吉次が昭和16年に他界し
山田家を継ぐこととなりました。
昭和19年に山田家は、強制疎開で店を壊され、
郡上八幡に疎開、さらに、赤い紙が来て戦争に召集。
満州で終戦を迎え、シベリヤに抑留されたそうです。
その後、昭和22年の春に帰国し、
故郷である郡上八幡で、しばらく暮らしたようです。
その後、大井東口のすし屋で板前生活をはじめで
昭和22年、山田寿司を再開することに